その後の状況2019年11月WindowsUpdateによるAccessのエラーについて

11月23日にAccessのエラーの件でここにアップしましたが、その時はランタイムのエラーとして報告しました。

ところが、Access2013や2016をインストールされているランタイムでは無いパソコンでも同様のエラーが発生しました。

元々ランタイムだけで後日、エラーになったのかは特定できませんが、導入先でも初めはランタイム導入のお客様よりの連絡だけで、後日になって2016を導入している先からも連絡が入るようになりました。

回避の方法でランタイムと同様に更新の履歴を表示させても、Office関連の更新履歴が出てきません。。。

なので、削除すればよいKB番号は分かっているのに、どうする事も出来ない状況です。

2016は18日に修正ソフトが出たようで、現象は収まったようです。

方法は他にもあると思いますが、まずアクセス2016を立ち上げて、アカウントより「Office更新プログラム」の「更新オプション」から「今すぐ更新」を押せば更新ソフトをダウンロードしてきて適用されます。

しかし、その適用後も、更新プログラムの表示のところにはOffice2016系の更新履歴は表示されません。

また、2013は依然としてランタイム版は(KB4484119)をアンインストールすれば解決するのですが、先ほどの更新の履歴を表示させてもOffice系統の更新情報が表示されないのでアンインストール出きず、困っている状態です。

明日には2013の修正ソフトが出るようなのでそれを待つしか無いのでしょうか。

2010は実行環境が自分のところに無いので定かではありません。

また、何か新しい情報あればアップします。


Translate »